防水の役割

工事現場06

新築で建設した憧れだった住まいも、長年住み続けると住宅の様々な箇所が傷んできますし、外観も汚れが目立ってきます。そこで多くの人が住宅の整備を行っていき、より住宅を長く使えるように腐心をしますが、その際に掛けるお金で最もコストパフォーマンスが良い箇所の1つが外壁塗装です。リフォーム工事における外壁塗装はよく行われていますが、その費用は最新の塗料を用いて住宅を一戸まるごと塗りなおしても200万円を越えることは稀です。多くの場合は100万円かあるいはそれよりも下の価格で施工することができます。またその効果としては住宅のエクステリアの美しさを保つという効果の他に、風雨やゴミ、虫などの住宅内への侵入を防いで住宅をさらに長持ちさせることにも繋がってきます。

近年よくエクステリアのリフォーム工事において、用いられている高耐性で高耐候性、さらに高耐熱性を備えた塗料にセラミック塗料があります。瀬戸物皿などの陶磁器やガラス、身近な物としてさらに歯科治療においても用いられるセラミックを、塗料に配合した商品です。セラミック塗料は前述のような耐性から、紫外線に対して強いためまず塗料自体の劣化が起こりにくい点があります。そのため塗り直しの必要性がかなり先に伸ばすことができ、それは20年以上は持つとされています。また硬度が高いため、外的要因によって傷みにくく、汚れにも強い防汚性を備えています。このような優れた特徴があるセラミック塗料は、やや価格が他の塗料に比べて高いにも関わらず人気のある塗料となっており、今現在のリフォーム工事においてもトレンドの塗料商品となっています。